トレーニング の 原則。 トレーニングの効果を出すには原理原則が大事!

知らないと損をする!トレーニング3つの原理、5つの原則とは?

ジムなどでも「バランスよく鍛えましょう!」とよく言われます。 いきなり、強度を大幅に上げすぎると、怪我やオーバーワークにつながるので注意しましょう。 私の場合はこの原則を初めて学習した際に特にインパクトも刺激もなく筆記テストにクリアできる程度の暗記して行なっていなかった。 反復性の原則 トレーニングは反復してやらなければいけません。 腕を太くしたいから腕ばかり、背中を大きくしたいから懸垂ばかり行う。 でも、もちろん、時間と共に元に戻るので、継続が必要です。

もっと

トレーニングの三原理・五原則(女性専門パーソナルトレーナー田中亜弥)

定期的なプログラムの再検討が重要になります。 「専門性の原則」 競技や健康づくりなど目的にあった機能(筋力・筋パワー・筋持久力・有酸素能力・柔軟性など)を優先的に高めていくことです。

もっと

筋トレの「トレーニング5原則」 全面性・意識性・漸進性・反復性・個別性

過負荷とはより通常の負荷を超える負荷を課すという意味があり、簡潔に言えば筋力トレーニングで扱うウエイトを徐々に重いウエイトへシフトしていく事を言う。 と言っても、皆さんも筋トレをするうえで、鍛えたい場所や好きな部位、好きなエクササイズがあるはずです。 また陸上でも長距離と短距離では、必要な能力が全く変わってきます。 どの時期が最も効果的かを考えてプログラムを作成します。

もっと

トレーニングの三原理・五原則(女性専門パーソナルトレーナー田中亜弥)

実際にあなたも経験したことがあると思いますが、走り始めた時や、昔は、1キロを走るのが10分でも、半年後には8分で走れるようになっていたり、しませんか? つまり、トレーニングをしているうちに、体が強くなっていくんです でも、少し足に筋肉がついた感じがしても、それ以上は筋肉ってつかないですよね? なんででしょうか? これに、過負荷の原理が関係しているんです。 性別・年齢・体力・身体組成・既往歴などによって、筋トレのメニューも選ばなくてはいけません。 漸新性の原則 行っている筋トレがどれほど効果的なものであっても、修正せずに無期限に継続してはいけません。 「反復性・周期性の原則」 運動プログラムは、ある程度の期間、規則的に繰り返すようにします。

もっと

トレーニングの五大原則

どんな目的であれ、目的に合った正しいやり方を行う必要があります。 逆に言えば、原理原則を知っていれば、同じ量のトレーニングでもはるかに高い効果を上げることができるということ。 ・ 意識性の原則 目的、動作、使用している筋肉などを意識しながらトレーニングを行うことで効果が増します。

もっと