アングスト 事件。 ヴェルナー・クニーセク

異常すぎて上映禁止だった「非娯楽」映画『アングスト/不安』が37年の時を経て劇場公開へ

7月3日から日本初公開される同作は、1980年にオーストリアで実際に起きたヴェルナー・クニーセクによる一家惨殺事件を映画化した実録スリラー作品。 その後、狂人が世に放たれてしまったことにより、取り返しのつかない惨劇が起こる様子が切り取られている。 このような状況ですので、以降変更の可能性があります) 公開予定劇場はシネマート新宿・心斎橋、京都・出町座が予定されているようですね。

もっと

海外で上映禁止となった実録サイコパスムービー、動機なき連続殺人鬼の記録『アングスト/不安』|日刊サイゾー

映画「アングスト 不安」は、2020年7月3日公開です。 本作で描かれている内容は、1980年当時の司法制度では裁ききれなかった為に発生した事象で、事実に基づいた倫理的に許容しがたい描写が含まれている。 やがて母と妹が帰宅した。 そして加害者と被害者を捉えた第3者視点の挿入。 Filmproduktion 1980年にオーストリアで実際に起こった、一家惨殺事件に迫った実録スリラー『アングスト/不安』。

もっと

世界各国で上映禁止となった映像が心を破壊する―「アングスト」トラウマ必至の予告編 : 映画ニュース

『アングスト/不安』が本当に恐ろしい理由 Filmproduktion あらすじでは、Kの犯行の様子だけを記載しましたが、実際はこの映像に Kのモノローグが添えられます。 胸糞映画っぽいけど劇場で観たいな。

もっと

世界各国で上映禁止となった映像が心を破壊する―「アングスト」トラウマ必至の予告編 : 映画ニュース

いまだかつてない、陰鬱とした空気が充満する狂気の作品が公開されます。 ちなみに『ヘンリー』は、「ホラー映画のつもりで作らせたら、トンデモない映画が完成した」と判断した映画会社によってお蔵入りとなり、4年後にやっと公開されました。 一部のマニアのみに知られていた「封印映画」が、37年の歳月を経て日本でその封印が解かれた。 だけど撮影技法やクラウスシュルツの音楽など含め超カッコいい映画です。

もっと

海外で上映禁止となった実録サイコパスムービー、動機なき連続殺人鬼の記録『アングスト/不安』|日刊サイゾー

これが映画のあらすじだが、実話の方は同じ感じである。 極少数が世の中に出回っていました。 しかし、ジェラルド・カーグルは、ただ不快な作品を作りたかった訳ではなく、全ては人間の中に芽生える「悪」の感情に迫る為の表現です。

もっと