ワンダ カレー。 【クックドア】ワンダカレー店(兵庫県)

『最後の再訪になります』by こたぴー828 : ワンダカレー店

これは赤ワインによく合うな。 見た目はほぼインドのバターチキンカレー。 このトロトロのルーがいいですね~ 食べた瞬間、そんなにスパイシーな感じはないですが、後から辛さがやってくる感じです。 本当に幸せと感じる時間。 Meetsのカレー特集の中で、この店にはどうしても行きたいと思ったので、塩屋の『ワンダカレー』に行ってきました。

もっと

『最後の再訪になります』by こたぴー828 : ワンダカレー店

とはしゃぐので、 帰り際に須磨で途中下車して、波打ち際で遊ぶ。 あぁ、23時までやっているようなので、次は飲みにこれるかなぁ。 店舗の特徴の掲載• 東京周辺のエスニックな肉料理を食い尽くすこの連載「東京エス肉めぐり」第10回は赤坂リトルコリアンタウンのド真ん中にあるエチオピア&アフリカ諸国料理レストラン「SAFARI AFRICAN RESTAURANT BAR」で、ワニやカンガルーの肉、羊肉にホロホロ鳥、そして中毒性のあるエチオピアカレー「ドロワット」だ! エチオピア料理は日本でこそ馴染みが薄いが、ロンドンやワシントン、アムステルダムなど、エチオピア移民の多い都市では、高級なアフリカ料理として定評がある。 地元の職人さんとコラボしてできたオリジナル商品や、「TRUNK DESIGN」がセレクトした県内の作り手によるクラフトを販売しています。 中からお客さんがドアを叩くのでのぞいてみると店主さんが折りたたみ椅子を用意して下さってました。

もっと

不思議な旨味のエチオピア激辛カレー「ドロワット」の魔力にやみつきになりそう【東京エス肉めぐり第10回】

衣はちょうど沖縄のサーターアンダギーに塩とスパイスを効かせたような味で、ワインよりもビールによく合いそうだ。

もっと

ワンダカレー店|兵庫のスポット情報【マイフェバ】

このソースをターメリックライスにかけて食べるところもカレーそっくりだ。 最初の組みだったので、一番奥へ。 セイロ蒸し定食(ランチのみ)1,430円 夏季限定で毎年登場するかき氷も人気。

もっと

不思議な旨味のエチオピア激辛カレー「ドロワット」の魔力にやみつきになりそう【東京エス肉めぐり第10回】

ビジタープランでは、約2時間のレッスンでそば作りを体験することができます。 キッチンの中のワンダサンさんもお洒落なアフリカンらしく、赤黄緑のラスタカラーの帽子でキメていた。 ドロワットは辛くて、食べると汗をかく。 Diners• 一日体験もOK! 気軽に立ち寄れるカフェ併設のそば教室「Sobar」 「Sobar」は、気軽にそば打ちにチャレンジできる、カフェ併設のそば教室。 カウンター中心のこぢんまりとした店内には、食欲をそそるスパイスの香りが広がっています。

もっと

塩屋の名店『ワンダカレー店』さんへ行ってきました!

アムハラ語で玉ねぎは「シュンクルテ」。 店舗ツイートの掲載• まずはお隣の老夫婦にカレーがきました。 引越し作業はソコソコに、それよりもワンダカレーが、気がかりで、時計を見ながらの作業です。 座席情報の掲載• 久々なので、いつもの牛すじカレーと随分悩みましたが ここの対カレーが絶品なので、大盛りで。 どちらも厚い衣にくるまれているので、外見からはどちらがワニで、どちらがカンガルーか全く見分けが付かない。

もっと

似顔絵お渡し 塩屋 ワンダカレー

もちろんカレーは、トロトロの牛すじと、野菜もトロトロに煮込まれていました。 店舗紹介機能• ホロホロ鳥の足一本ローストが美味すぎる! 豪快な肉料理はないの?という皆さんの期待に応えるのがホロホロ鳥のロースト。 これは一度食べたらクセになる、中毒性が高そうな味だ。 学生の頃から夢だった?念願の「一人暮らし」。 有 台• お店の中には、多くのイラストやオリジナルの商品(なぜかTシャツやレトルト)なども案内されています。

もっと

『最後の再訪になります』by こたぴー828 : ワンダカレー店

今では新大久保をはじめ、日本各地のハラールフード店で手軽に買えるので、エス肉料理好きなら是非常備するべき食材だ。 予約・貸切人数の掲載• 「エチオピアでは男性はキッチンに入らないんです。 この赤唐辛子とスパイスはいったいなんだろう? 「ドロワットは一度食べるとやみつきになる。 さすがに水に入るのはできないけれど、 貝殻拾いをしたり、石をドボンしたり、 みんな開放的な場所でキャッキャして、かなり楽しかった様子。 アフリカの他の国の料理、北アフリカのクスクスや西アフリカのジョロフなどは日本に来てから、お店や知りあったアフリカ人から習いました。 新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。

もっと