鶴岡 雅義 と 東京 ロマンチカ 小樽 の ひと よ。 『小樽のひとよ』歌碑

東京ロマンチカのリーダー・鶴岡雅義さんから発掘!

平成15年 鶴岡雅義と東京ロマンチカに20年ぶりに復帰。 (故郷の近江神宮にて挙式) 昭和49年 『さだめ』でソロ歌手としてデビュー。 いずれも1973年放送の 『ワンマンショー』です。 「初めて会ったときは非常に無口でしゃべらないんです。 1950年代後半、ラテン音楽ブームのなかメキシコ出身のグループが人気で、彼らが弾いていたのがレキントギター。

もっと

「小樽のひとよ / 鶴岡 雅義と東京ロマンチカ」の楽譜一覧

北の都の物語(A面) 1978年5月• このほか多数のメンバーが在籍していたが、公式プロフィールが公表されているのは鶴岡、三條、奥山、宮内の4人のみ。 アンサンブル• 浜博也( - )在籍中は「縣浩也」「高木浩也」名義、1994年以降はソロ歌手として活動している。 テレビでは『アップに耐える顔』として コント等でも活躍する。

もっと

小樽のひとよ

作詞:/作曲:鶴岡雅義/編曲:坂下晃治• 昭和53年 三條正人が 『北の都の物語』でグループに復帰。 曲名は、の「女シリーズ」を参考に、「女」をの「ひと」にして「よ」をつけたものである。 ホントにガンバレ鶴岡、ガンバレ東京ロマンチカでしょう。

もっと

東京ロマンチカのリーダー・鶴岡雅義さんから発掘!

作詞:/作曲:鶴岡雅義/編曲:湯野カオル• 1989年独立し『よわむし』でソロデビュー。 「なかにし礼さんと、今度は古賀メロディー風でいこうと決めたんです。

もっと

三條正人

すべて• 44)など大ヒットが続きNHK紅白歌合戦には6回の連続出場を果たす S. (以後6年連続) 1969年(昭和44年)には『君は心の妻だから』『北国の町』の大ヒットが続く。 星空のひとよ 1969. 乱闘になるが所持金は無事で、三條の勇猛果敢ぶりが話題になる。 北国の町(A面) 1969年9月• 恋は消えても愛は残る 1970. 作詞:/作曲:鶴岡雅義/編曲:• 収録曲 [ ]• フジテレビの「夜のヒットスタジオ」では毎週レギュラー出演して、お茶の間の人気者になる。 昭和35年 ラテングループ『トリオ・ロス・カバジェロス』を結成。

もっと

鶴岡雅義と東京ロマンチカ・プロフィール

東京・大阪で記念リサイタル好評を博す。 作詞:/作曲:鶴岡雅義/編曲:坂下晃治• 平成8年 東京ロマンチカ結成30周年記念公演に特別ゲストとして出演。 こんな嬉しいことはありません」(池田充男) 小樽運河散策路には、『小樽のひとよ』と50mほど離れて石原裕次郎の『おれの小樽』(作詞:杉紀彦、作曲:弦哲也)の歌碑(歌謡プレート/「小樽・後志ハエヌキ音楽祭」2007実行委員会が設置)もあり、情緒ある小樽の証(あかし)にもなっています。 1969. 秘密 A面 1972年10月• これからも古き良き音楽を演奏し続けてください!. 2009年:浜名が死去。 のもとで、ジャズシンガーとして活動の後加入、サイドボーカルの他、曲によってはリードボーカルを担当した。 すべて• 1978年:三條がグループに復帰。

もっと