公爵 夫人 の 50 の お茶 レシピ 小説。 公爵夫人の50のお茶レシピ39話ネタバレと感想

公爵夫人の50のお茶レシピ35話先読みネタバレと感想

〇 ベラドーナ侯爵令嬢 帝国のコーヒー輸入、最大の後援者であるベラドーナ侯爵家のご令嬢。 大胆な契約修正。 以前と違い、社交的に話すクロエ 楓 にアルフォンスは興味を示す。 当然信じられない様子の店員に、すべて買うのでちゃんと包んでくださいと微笑みかけるクロエ。 ピッコマは日本のサイトのため、クロエの転生前の名前は、日向楓 となっていますが、原作では転生前の舞台は韓国で、名前も韓国名でした。 その時の楓の博識さに、意外だなと感心するアーサー。 客商売なので、おいしいだけじゃダメなんですよね。

もっと

(翻訳)「公爵夫人の50のお茶レシピ」55話 ネタバレ

アルフォンスは心配するがクロエはやりがいがあると言って休もうとしない。 〇 ジョージ・ワルトバール・メルセデス・ウラディミール 帝国の皇帝。 確かに違いを感じるが、中々答えは出てこず…。 偶然出会ったジェイコブに、北の森は危険だと告げられてー。 〇 ブラクストン 温料理店の店長で、アーサーの友人。 これからは堂々とふたりで踊ることができるというクロエの言葉に深く感銘を受けるアルフォンス。

もっと

韓国語略訳|公爵夫人の50のお茶レシピ55話先読みネタバレ!クロエが踊りを習う本当の理由

花と目で楽しんだので、そろそろ味わってみたいと話す皇帝に、クロエはお茶を淹れ始めます。 親しみやすい楓に打ち解けた3人は、お茶会の様子を他の騎士に熱弁するが、疑問を持つ者が現れてー。 訝しげに思いながら、ポートナム夫人と会った楓は。

もっと

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ翻訳一覧

アルフォンスを交際していたと嘘をつくアリアナをぎゃふんと言われたクロエだが、お茶会に参加したことを後悔する。

もっと