最強 外道 ラスボス。 悲劇の元凶となる最強外道ラスボス女王は民の為に尽くします。 連載版 3巻 |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

悲劇の元凶となる最強外道ラスボス女王は民の為に尽くします。 ノベル&コミック試読版

周囲を不幸にして、待ち受けるのは破滅の未来!……って、私死んだ方が良くない? こうなったら、攻略対象の悲劇を防ぎ、権威やチート能力を駆使して皆を救います! 気づけば、周囲に物凄く愛されている悪役ラスボス女王の物語。 これは取り替えが効くもので本当にプライドが好きなのか?と。 :すぐに半額で読む• …続きを読む. その中でも、「U-NEXT」が特におすすめになります。 本編は時系列的にはシリーズ第1作目のシナリオ開始の10年前から始まる。 私はこの作品が好きなので、是非読んでください。

もっと

悲劇の元凶となる最強外道ラスボス女王は民の為に尽くします。(1)【電子限定描き下ろしカラーイラスト付き】(漫画)の電子書籍

ラスボス級と言われるだけありパワーや剣術などかなりすごい。 サービス名 特徴 すぐに無料で読める オススメ! すぐに半額で読める すぐに半額で読める 上記のサービスであれば、会員登録が無料でお試しで利用することが可能です。 また、無料漫画の数も16,000冊以上あるのでBL作品も豊富です。 31日間無料ですぐに「悲劇の元凶となる最強外道」が無料で読める。 書籍版しか読んでいませんが 必ず攻略対象に対する悪役としての行動の描写があります 義理の弟は契約魔法の内容を行動を命令できるものにすり替え実母を殺害させます でも主人公は逆に母親と文通できないかこっそりと交渉します 騎士団長は父親&父親の部下たちを主人公の持つ予知能力で崩落する崖に誘導され全滅というところを主人公は逆に義弟の転移(それまで本人のためだけに使えと言いながら隠させてた)を使用してまで現場に赴き自分の命を危険にさらしても助けました 宰相は鬱展開では奥方の病気の治療のために治癒能力者(前例なし)を探すため、能力者の能力登録制度を作りますが、逆に希少能力者の殺害・奴隷化に利用されたうえ奥方は死亡します ですが主人公は治癒能力者をぎりぎりで連れて行き助けます ちなみにさらっと流されますが主人公の両親も本来は死んでいますが予知能力(でもゲーム知識じゃないのかな)で助けています ですので基本鬱展開が必ずあるわけです 鬱展開からの逆転を読ませる作品ですかね ただ基本的に能力高いラスボスが前世知識あるのに料理が呪いかと思えるほど壊滅的なのは笑えました 私はこの作品好きですよ. 引用:コミックシーモア評判 元々転生ものが好きな方や悪役令嬢ものが好きな方は読むとすぐにハマっちゃうと思います。 個人的には流行るきっかけになった原本のような作品がやはり一番面白いと思います。 ですがそれを否定するのはプライド様のことと2人のことを否定しているようでもやもやします。

もっと

悲劇の元凶となる最強外道ラスボス女王は民の為に尽くします。〜...

いくら非凡を成し遂げたとは言え幼いプライドへ憧れや崇拝にまでは至らなかったカラムとアランや、特に畏敬の念を抱いていないヴァル、王族という対等な存在であるレオンも同様にプライドに対して明確に恋愛感情を抱きますが、新兵であったが故に憧れを抱いたエリックや、自身にとって最優先である騎士団長を救ったプライドを敬うハリソンや、同年代であるために同じくプライドに憧れたステイルとアーサーに至ってはそれが恋愛であるかはいまだ明記されていません エリックはちょっとあやふやですが…王女でさえなければ或いはという感じではありますね。 ドスの低い声じゃなく効いた声かな、采配は立てずに振って欲しいかなとか、唇は絞ったら巾着状態かなとか。 この意図にまだ気づいている仲間はいませんが、この台詞が今後の展開にどのように絡んでくるのか?ワクワクしながら話を読むことができます。 ご了承ください。 キャラそれぞれがちゃんとわかりやすい絵になっているし、展開も好きです^^ 一気に購入してしまった。 出典:Google 「悲劇の元凶となる最強外道ラスボス女王は民の為に尽くします」は、zipファイルで配信していませんでした。 出典:Google 「悲劇の元凶となる最強外道ラスボス女王は民の為に尽くします」は、rarファイルで配信していませんでした。

もっと

悲劇の元凶となる最強外道ラスボス女王は民の為に尽くします。 連載版 3巻 |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

なろう好きの方は試してみてはどうでしょうか。 このまま幸せになってくれればいいんですが…波乱な展開があるかもなのでこれからも要チェックな作品です。 コマ割りと人物の表情が良いので人物の感情や流れがすごく分かりやすいところは高評価ポイント。

もっと