夜警 レンブラント。 レンブラント『夜警』

レンブラント

どんな絵? 火縄銃手組合による市民自警団が出動する 瞬間を描いています。 当時の人はその厚塗りの大胆さを見て、レンブラント作の肖像画は「鼻をつまんで持ち上げられる」ほどだ、と感想を残したとか。 20世紀に入り、二度の洗浄作業でニスが取り除かれた際、絵は明るみを取り戻し昼を描いた絵であることが明らかになった。 なお近年の修復によって画面左下に、ユピテルに連れ去られるガニュメデスを必死に追いかける母親の姿が描かれていることが判明した。 この作品には、それ以外に決まった名称はない。 何人かはそれぞれの武器を装備している。

もっと

アムステルダムでレンブラント「夜警」と初期作品鑑賞+レンブラント広場

今まで絵を描いたり、展覧会に行ったり、本を読んだりして学んだこと、感じたことを中心に当サイトを運営しています。 現在はのに展示されており、レンブラントおよびの代表作とされている。 例えば警備員でも「職業:警備員 業務:夜間警備」となりますよね。 レンブラントは、記念写真のように描く集団肖像画の因習を打ち破り、芸術性を追求しました。

もっと

レンブラントファンレインとはどんな人?生涯・年表まとめ【自画像や代表作品、絵画の特徴を紹介】

最も数多く論じられ、これに関する多数の書物と無数の論文がある。 警察でもあり軍隊でもあります。 誰一人静止しポーズをとっているものはいない。

もっと

オランダでレンブラントをめぐる旅

行政官たちはこの絵を貴族トリップ家の邸宅トリッペンハイス( Trippenhuis)に移したがナポレオンの命により王宮に戻された。 そして、レンブラントの「自画像」は現在でも非常に高く評価されており、2003年には日本円で約9億円、2020年には日本円で約20億円で取引されました。 【ティトゥスとマグダレーナ】 1660年 「修道士に扮したティトゥス」 ティトゥスが1668年2月10日に結婚します。 しかしレンブラントはこの常識を破り、隊長と副長をメインに光を当てとても目立つように描いたのです。 それは真ん中の2人の隊員(オリジナルの題目にある2人)と、真ん中左後ろの小さな少女である。 かと思えばその右に半分隊長の影に隠れて、ふくらんだ半ズボンをはいて蔦を飾った甲をかぶった横向きの姿が、右側へ大きく足を踏み出している。

もっと