カルボ システイン 市販。 エチルシステイン塩酸塩、メチルシステイン塩酸塩、カルボシステイン・去痰成分の覚え方

ムコダイン(カルボシステイン)の作用機序:去痰薬

ムコダイン(一般名:カルボシステイン)の副作用 安全性の高い薬であり、ムコダイン(一般名:カルボシステイン)の副作用はほとんどありません。 ブロムヘキシン塩酸塩は、気道粘液の分泌を促進し、たんを出しやすくする作用がありますので、カルボシステインとのダブル効果で去痰効果を示します。

もっと

ムコダイン(L

また、粘膜全般に効果があるので、喉だけでなく、鼻や耳にも用いられ、粘膜の正常化や膿を出す目的で用いられます。 医療関係者向け情報サイトでは、当社医療用医薬品を適正にご使用いただくために、国内の医療関係者の皆さまを対象に情報を提供しております。 鼻の粘膜を修復、正常化する働きがあります。 カルボシステイン錠とよく一緒に使われる薬として、解熱鎮痛剤のロキソニンやカロナール、喉の炎症を抑えるトランサミンや腫れを抑えるエンピナース、咳止め薬のメジコンやアスベリン、感染症の治療薬のクラリシッドなどともよく一緒に使われますが、風邪などの処方でよく使われる組み合わせですので問題ありません。 ジェネリック医薬品(後発医薬品)もあり、去痰薬として広く服用されています。

もっと

カルボシステイン

ムコダインを使ってはいけない人 以前にムコダインを使ったときに過敏症(発疹などが出たなど)の症状が出た人は使用できません。 必ず医師に相談・指示のもとで服用するようにしましょう。 そのため、薬を飲んでも効果がでないなら止めてしまっても構わないのでは、と考える方もいるのではないでしょうか。

もっと

カルボシステインの効果と市販での購入|薬インフォ

痰を出しやすくする「ブロムヘキシン塩酸塩」、気管支の緊張をおさえて息苦しさを除く「dl-メチルエフェドリン塩酸塩」、咳止め「ジヒドロコデインリン酸塩」などを配合。 通常量より多い量を服用すると、副作用のリスクが高まり危険です。

もっと

エチルシステイン塩酸塩、メチルシステイン塩酸塩、カルボシステイン・去痰成分の覚え方

カルボシステイン錠などのジェネリック医薬品も、使用方法や気をつけるべきポイントや効き方・副作用などはムコダインと同様です。

もっと