立憲 民主党 綱領。 国民・立憲両党幹事長・政調会長、 綱領と規約について協議を開始

国民・立憲両党幹事長・政調会長、 綱領と規約について協議を開始

3.第1項に違反した党員が、国会議員又は国政選挙の公認候補予定者である場合、かつて国会議員であった者である場合、あるいは幹事長が特に必要と判断する場合には、前項の規定にかかわらず幹事長が、当該党員の行為について速やかに調査を行い、その結果に基づき、常任幹事会の承認を得て次の各号に掲げる必要な執行上の措置を行う。 8.代表選挙の立候補者が1人である場合には、党大会又は両院議員総会における承認をもって、選挙に代える。

もっと

国民民主党との協議による綱領案、代表選規程案について記者団に説明

15日の立憲と国民の両幹事長の会談の速報で、新党の綱領は両党の政調会長間で協議し作成すること、党名を略称「民主党」にすることも立憲から提案があったと言う。 (幹事長) 第15条• 3.組織委員長は、党大会又は両院議員総会の承認を得て、国会議員の中から代表が選任する。 2.ジェンダー平等推進本部は、公職の候補者の擁立をはじめとする党運営におけるジェンダー平等の推進に関して幹事長に、ジェンダー平等を実現するための政策に関して政務調査会長に、それぞれ提言をすることができる。

もっと

「国民民主党は立憲民主党より右だとかよく言われますが、全然違います」

特に代表・幹事長・代表代行を「党三役」と称す。 立憲民主党との合流の行方は? 服 部 良 一 (大阪府連合顧問) 社民党吉田幹事長と立憲民主党福山幹事長間の協議内容が波紋を広げている。 「排除リスト」が出回りはじめた2017年9月30日の夜、枝野幸男、福山哲郎、長妻昭、、など数人の議員が集まって新党設立を前提に会合を行い、「踏み絵」と呼ばれる希望の党の政策協定書が出回りはじめた10月1日の夜、再び枝野、福山、長妻、近藤の4名が集まり、翌2日に枝野が1人で結党の記者会見を行うことなどを決めた。 、の調和をはかり、を目指すとしている。 2.選挙対策委員長は、代表及び幹事長の下、公職の候補者の選定及び擁立に向けた作業、ならびに、選挙対策事務を統括する。 2.共同会派を結成した場合、第29条及び第30条に規定する議員団の規定は、共同会派の議員団について準用する。

もっと

「国民民主党は立憲民主党より右だとかよく言われますが、全然違います」

脱原発 [ ] 立憲民主党は第48回衆院総選挙に於いて「原発ゼロ基本法の策定」を選挙公約に掲げた。 ただし、審議する内容に応じて、その他必要な役員又は役職者の出席を求め、報告及び提案を受けることができる。 両党の規約についても、違いや共有しているところを確認した」と述べ、今後はいつも4者協議ということではなく、両政調会長間、両幹事長間でも検討作業を進めると説明した。 6.前項の規定にかかわらず、任期途中で代表が欠けた場合で両院議員総会が緊急を要すると判断するときは、両院議員総会において代表を選出することができる。

もっと