嘆き つつ ひとり 寝る 夜 現代 語 訳。 百人一首の意味と文法解説(53)嘆きつつひとり寝る夜の明くる間はいかにひさしきものとかはしる┃右大将道綱母

53 嘆きつつ〜 |歌の意味・解説・翻訳【百人一首】

全体で「どんなに長いものか知っておられるでしょうか?」という意味になります。 (その後やってきた兼家は)なにくわぬ顔をして、「しばらく(訪れないで、あなたの気持ちを)試している間に。 げにやげに 冬の夜ならぬ まきの戸も おそくあくるは わびしかりけり」 まことにまことに、(冬の夜はなかなか明けないものであるが、)冬の夜ではない真木の戸も遅く開くのを待つのはつらいことですよ。 ここでは兼家と親密なよその女を指しています。 本来なら、とっってもおめでたいことなんですが、ここから道綱の母の苦悩が始まります。 返事があった。 」とて出づるに、 内裏(うち)=名詞、宮中、内裏(だいり)。

もっと

53 嘆きつつ〜 |歌の意味・解説・翻訳【百人一首】

〈訳〉 返事は、「夜が明けるまで待とうと試みたけれど、急用の召使の者が、来合わせたので。 解説「53 嘆きつつ〜」 この歌は、作者: 藤原道綱母は、女流日記文学の最古の作品である「蜻蛉日記」を書いた女性として有名です。 現代だったら一発NGな癖ですが、平安時代は一夫多妻制でもあり、むしろ歓迎されていた行為なんですね。 さて、九月ごろになって、(作者の夫の兼家が)出て行ってしまった時に、文箱があるのを手慰みに開けて見ると、他の女のもとに届けようとした手紙がある。 けれども、女性が兼家を家に引き入れて泊まった、ということは決定的。 平安時代は男が女性の家に通う通い婚が慣習でしたので、「ひとり寝る夜」というのは、夫の来訪がなく孤独に寝る夜のことです。

もっと

百人一首の意味と文法解説(53)嘆きつつひとり寝る夜の明くる間はいかにひさしきものとかはしる┃右大将道綱母

でも、その怒りの後ろ側にある感情は、兼家さんへの愛情であり、愛しているがゆえに、怒りの度合いもすさまじいものになります。 堂々とこんなところに入れてるなんて! 詳細を省略しています。

もっと

百人一首の意味と文法解説(53)嘆きつつひとり寝る夜の明くる間はいかにひさしきものとかはしる┃右大将道綱母

たとえ蜻蛉日記が創作だとしても、菊を手渡すイメージは彼女が当時を代表する第一級の風流人だったことを示すものでしょう。 夫兼家は悪びれる様子もないので、筆者はますますムカついてます。 係助詞「なむ」を受けて連体形となっている。 日本一とも言える朝廷の権力者である藤原兼家の妻となった道綱母は、必ずしも幸せで穏やかな結婚生活を送れなかったようであるが、この歌が詠まれた天暦9年(955年)初頭の経緯は『蜻蛉日記』の上巻に記されている。 」と言って出ていくので、不審に思って、召し使いにあとをつけさせて(様子を)見させると、「町の小路にあるどこそこの家に、(車を)お停めになりました。 動作の主体(止まった人)である兼家を敬っている。

もっと