Lt 貿易。 LT貿易(エルティーぼうえき)とは何? Weblio辞書

「岡崎嘉平太とLT貿易時代」特別展、清華大学で開催_中国網_日本語

両国はそれぞれ相手国に連絡事務所を置くことに同意し、このチャンネルを通じて両国記者交換が実現した。 林・渡邊1997、164-167p。 All Rights Reserved E-mail: webmaster china. 1962年10月28日、22社の企業のトップを含む高碕達之助氏一行42人が北京に到着した。 しかし、次の 佐藤栄作内閣がに絡んで対米重視に傾くと、再び中国は対日批判を強めていく。 池田内閣では「政経分離」方式での貿易拡大を模索するなど、日本側では中国のと経済的繋がりだけは保つ努力が行われた。 1958年5月、長崎切手展で日本の右翼の若者が中国の国旗を引き降ろすという長崎中国国旗事件が起こり、中日両国間にすでに培かわれていた友好的な雰囲気は破壊された。

もっと

LT貿易(エルティーぼうえき)とは何? Weblio辞書

林・渡邊1997、118-120p。 -- イデオロギー対立、ソ連への公然たる非難、原子爆弾の開発など、中国は国として(政策として)の動きをしていました。 清華大學黨委副書記、校務委員會副主任向波濤,全日空控股株式會社會長伊東信一郎,原中國文化部副部長劉德有,日本駐華大使橫井裕先后在開幕式上致辭。

もっと

LT貿易(エルティーぼうえき)とは何? Weblio辞書

なので、LT貿易は、中ソ対立とは直接関係がなく、(日本からいうと)民間レベルの日中交流がLT貿易を経て、20年かけて実を結んだのが日中国交回復と見ています。

もっと

LT貿易の軌跡 : 官製日中「民間」貿易協定が目指したもの : HUSCAP

新華社の東京支局長を長く務めた「劉徳有」の著書を読むと、毛沢東下の中国(1949年成立)は、国家成立直後から、戦前のように日本と文化レベルでの交流の再開をすぐに考えていたようです。 高碕達之助氏は元通産大臣で、1940年からの5年間、中国の東北地区で過ごしていた。 両国の指導者と国民は長期的な共同の努力により、苦しみを重ね今日の中日関係を構築した。

もっと

日中国交正常化

林・渡邊1997、64p。 大きな声では言えませんが戦争前は対中輸出で儲けましたしね。 後継の佐藤栄作は中国敵視政策の人でした。 中日交流の「半官半民」の発展を推進し、中日国交正常化の基礎を固めた。

もっと