メルセデス ベンツ g350d。 メルセデス・ベンツ 新型Gクラス「G350d」 試乗|新しい“G”にはディーゼルこそが相応しい(2/2)

メルセデス・ベンツ Gクラス|価格・新型情報・グレード諸元

エンジンは最高出力422ps/最大トルク610N・mを発生する4L V8ツインターボで、組み合わされるトランスミッションは9速ATの「9G-TRONIC」。 その山岳地帯で行われた、厳しいオフロードテストに合格したことを意味するものだという。

もっと

メルセデス・ベンツ Gクラス G350d(MERCEDES_BENZ GCLASS 10130261)の新車・新型情報|グーネット新車カタログ

もちろん、最小回転半径6. ゲレンデはバネが固めで、舗装が盛り上がってるとポンポン跳ねます。 この感覚は何だろう?? そうです、トラックのハンドリングです。 しかしより現代的な扱いやすさを得たシャシーにディーゼルユニットを組み合わせることで、真の意味でG350dは穏やかなキャラクターを得たと思うのだ。 レトロな乗りものを未来的に仕上げる様は、ジブリやアキラの世界観である。 待望のユニットを得た新型G350dは、以前に比べて圧倒的に洗練された乗り心地を全域で提供する。 インパネは12. ランクルよりも素早いです。

もっと

メルセデス・ベンツGクラスの魅力とは??

でも女性受けは良いんですよねぇ。 そんな本格クロカン4WDの性能と見た目を維持しながらも、その操作性をSUVの域にまで高めたGクラスには、今回のディーゼルエンジンがベストマッチだ。 TV:-• 境川PAにて一休み。 パワーウィンドウ• こちらはドカ雪での「Gクラス」です。 発進後の加速はまさに意のまま、思うがまま。 3mには要注意だが。 これがプレミアムブランドの流儀である。

もっと

メルセデス・ベンツ 新型Gクラス「G350d」 試乗|新しい“G”にはディーゼルこそが相応しい(1/2)

という。 なにせアクセルに対するレスポンスやモリモリと湧き上がるトルク感は、旧型の比ではない。 まずシートベルトであるが、 正直このAMGタイプの赤色、好みじゃありません。 What's News 最新情報• でもゲレンデはディーゼル音がワイルドで満足してます。

もっと

メルセデス・ベンツ 新型Gクラス「G350d」 試乗|新しい“G”にはディーゼルこそが相応しい(1/2)

加えて排出ガスの後処理に酸化触媒と尿素SCRを用いているとのこと。 過去はともかく、こうした突起物は現代の安全基準に照らし合わせれば危険で使用がためらわれる。

もっと

メルセデス・ベンツ Gクラス G350d(MERCEDES_BENZ GCLASS 10130261)の新車・新型情報|グーネット新車カタログ

(今回の総額です、うん吐きそう) そう、僕はこの年で地方に住んでた時から、車が必須な社会に存在していた時から、 初めてこの歳で新車を買うのだ。 高速道路上ではあまりGクラスは見かけませんのでSA,PAなどでは存在感ありますね。 高校出てすぐ、周りはみんな両親健在で、親に新車を買ってもらったとか、 羨ましかったっすよ正直。 それはまるで39年間の遅れ(と開発陣が思っていたかどうかはさておき)を取り戻すかのように、ホップもステップもいきなり飛び越えて現代レベルにまでジャンプしている。

もっと

メルセデス・ベンツGクラスの魅力とは??

G350d左前の角度から この車にはメルセデスの誇るクルーズコントロール、ディストロニック・プラスが装備されてましたので高速のクルージング自体は楽で👍した。 「イリジウムシルバー」のボディーカラーをまとった試乗車。 2018年6月の日本導入時点では、最高出力585PSとなる4リッターV8ツインターボ(M177型)の「G63」、同422PSとなる4リッターV8ツインターボ(M176型)の「G550」というともにガソリンエンジン搭載モデルのみのラインナップだったが、G350dは遅れてきた本命といえる。

もっと