悪 の 帝国 に 忠誠 を。 悪の帝国に忠誠を ~最愛の人の為に、私は悪に染まる事にした~

コラム/帝国は何故悪役か

ハーメルンから来ました。

もっと

悪の帝国に忠誠を ~最愛の人の為に、私は悪に染まる事にした~

私個人としても、お前に呪いを解こうとして、無謀な事をしてほしくなかった。 「あぁ……」 ノクスは、袈裟懸けに大きな斬り傷を受けた状態で、血の海の中に倒れていた。 私に隠してた事だって、結局は私の為を思っての行動だ。 「未開の原 住民」との戦争とは違い、文明国との戦争はリスクが桁違いに跳ね上がる。

もっと

悪の帝国に忠誠を ~最愛の人の為に、私は悪に染まる事にした~

そして、そんな破滅の運命を覆す為に動き出した。

もっと

『'悪の帝国に忠誠を ~最愛の人の為に、私は悪に染まる事にした~ '』の詳細情報(N7706FW)

奴の方が私よりも優れていた。 一般的なイメージとして、帝国は広い。 悲しそうで、悔しそうで、だけどほんの少しだけ解放されたかのような険の取れた声で。 希望こそが最大の絶望になり得るのだ。

もっと

『'悪の帝国に忠誠を ~最愛の人の為に、私は悪に染まる事にした~ '』の詳細情報(N7706FW)

ノクス達が味方してくれれば大丈夫だとか理屈を捏ねて、勝算の薄い賭けに挑み、ノクスやルナを巻き添えにして皇帝に殺される。 そんなIFが鮮明に思い浮かぶ。 ……けど、それで治る傷じゃないな。

もっと

悪の帝国に忠誠を ~最愛の人の為に、私は悪に染まる事にした~

こんな条約まやかしだ! と無視すれば、次はインドや北朝鮮のように経済制裁が待っている。 という訳で、もうダークシリアスは疲れました。 そう思って探索魔術を使えば、すぐにノクスの気配を捉える事ができた。 本音を言えば、それでお前を失うのが怖かった。 死体半歩手前の身体。 「セ、セレナ……」 「ッ!? ノクス様!」 まだ意識がある! ノクスは、弱々しい声で話しかけてきた。 日頃何かと好戦的な軍部も賛成している事だし、帝国の崩壊が避けられないのならばせめて一花咲 かせた上で崩壊してやろうではないか! 栄光か敗北か! 帝国万歳!」. 私が本気で感謝しているという事はノクスにも伝わったみたいで、ノクスはそっと目を閉じ、 「ありがとう……セレナ」 小さな声で、ポツリとそう呟いた。

もっと

悪の帝国に忠誠を ~最愛の人の為に、私は悪に染まる事にした~

何が一番悪かったのか。 しかし、この残酷な世界はセレナを逃がさない。 「圧政や弾圧、重い税や搾取に苦しむ民衆を解放し独裁者を打ち倒す」というプロットが古来より人気なのは疑い ようがない。 いつもの帝王のオーラに、覇気に溢れた瞳ではなく、弱々しい普通の青年のような目で私を見る。 帝国でなくても帝国主義的政策を行うことは可能だ し、皇帝同士ががっぷり四つに組んで戦うような政策でもないからだ。 セレナは自分の運命を察した。

もっと

悪の帝国に忠誠を ~最愛の人の為に、私は悪に染まる事にした~

かくして一旦勝者となった者は次のゲームでも自動的に勝者となるが、敗者はずっと敗者のままだ。

もっと