土砂 災害 警戒 区域 東京 都。 浸水・土砂災害ハザードマップを作成しました。

杉並区土砂災害ハザードマップ |杉並区公式ホームページ

よくある質問• ・個別の区域についてはでご確認ください。 想定し得る最大規模の降雨(1000年に1度の確率で想定される最大規模降雨(時間最大雨量156mm、総雨量657mm))による浸水範囲や浸水深を表示しています。 市では、「八王子市総合防災ガイドブック」を作成し、ガイドブック内の詳細図に市内全域の土砂災害(特別)警戒区域の掲載を行っています。 レッドゾーンに指定された区域は【1】住宅地分譲や特養、幼稚園など特定開発が許可制となる【2】新築住宅などで、安全性の有無が確認される構造規制が行われる【3】崖が崩れ危険性が認知される場合などで住んでいる人に建築物の移転勧告と、移転者への融資や資金の確保の支援措置などが、法律に基づいて実施。 土砂災害などの自然災害に対しては、日頃からの備えがとても重要です。 誰でも閲覧が可能 基礎調査結果は誰でも閲覧可能。 問い合わせ 土砂災害警戒区域の指定に関すること 東京都建設局河川部計画課土砂災害対策担当 電話番号:03-5320-5394 警戒避難に関すること 災害対策・危機管理課 電話番号:03-5211-4187 居室を有する建築物に対する建築主事の確認など建築物の構造規制に関すること 建築指導課 電話番号:03-5211-4310. 土砂災害防止法とは 「土砂災害防止法(土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律)」とは、土砂災害(がけ崩れ、土石流、地すべり)から住民の生命を守るために、土砂災害が発生するおそれがある区域を明らかにし、警戒避難体制の整備や一定の行為の制限を行うもので、平成13年4月に施行されました。

もっと

土砂災害警戒情報|杉並区公式ホームページ

不動産売買等に係る重要事項説明に使用する場合は、本ハザードマップだけではなく、必ず最新の指定状況をご確認ください。 (その他東京都の「浅川圏域・大栗川及び三沢川流域浸水予想区域図」、国土交通省の洪水浸水想定区域図については、引き続きこのページに記載のハザードマップにてご確認ください。 配布窓口 土砂災害ハザードマップは、下記の窓口で配布しています。

もっと

東京23区ハザードマップまとめ(地震危険度・津波・液状化・倒壊・土砂崩れ)

風水害の際は、早めの避難行動を心がけましょう。 そのため、法的根拠に関わらず、不動産購入者に対して、浸水・土砂災害ハザードマップにおける当該区域の浸水範囲、浸水深等の情報提供をお願いします。 今後は横浜市への意見照会・回答を経て、2020年度中の指定を目指している。 また、そのうちの6箇所が「土砂災害特別警戒区域」にも指定されています。

もっと

土砂災害に備えて|品川区

今回作成した土砂災害ハザードマップでは、指定された7箇所を、「久我山」、「高井戸」、「堀ノ内」、「和泉」の4地区に分け、土砂災害警戒区域等と避難所を地図上にわかりやすく表示しました。 土砂災害に対する日頃の備えや、土砂災害が発生したときや発生が予見されるときに、住民の皆さんに適切な行動をとっていただくためにご活用ください。 その裏面に各地区の航空写真に土砂災害警戒区域等を表示した地図を掲載しています。 浸水予想区域 都市型水害対策連絡会が公表した「黒目川、落合川、柳瀬川、空堀川及び奈良橋川流域浸水予想区域図(令和元年12月19日公表)」を東大和市に関してまとめたものです。 このハザードマップは、区内の土砂災害(特別)警戒区域などを掲載しています。 特定開発行為に対する許可制 区内の指定区域• ぜひこのハザードマップを活用し、いざという時の避難所までの避難経路を、あらかじめ家族で話し合っておくなどの備えをお願いします。 災害時の閲覧・ダウンロードは低画質(JPG)を利用ください。

もっと

用語の解説:土砂災害警戒区域(通称:イエローゾーン)・土砂災害特別警戒区域(通称:レッドゾーン)

土砂災害警戒区域 東京都では、がけ崩れや土石流などの土砂災害から都民の生命を守るため、「土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律(平成13年4月1日施行)」に基づき、土砂災害警戒区域(通称:イエローゾーン)および土砂災害特別警戒区域(通称:レッドゾーン)の指定を行っています。 土砂災害ハザードマップは、土砂災害警戒区域、土砂災害特別警戒区域と避難所を地図上に示したものです。 【配布しない地区】 日野台(3~5丁目)、旭が丘(2~6丁目)、多摩平 3・5・6丁目 、新井、西平山、万願寺、石田、日野(中央高速から多摩川側) 土砂災害に備えて 土砂災害は、突発的に発生することが多く、発生場所や時刻を正確に予測することが難しい災害です。 土砂災害特別警戒区域とは、大雨などで急傾斜地(高さ5m以上・角度30度以上と規定)が崩壊した場合、建築物が損壊し、住民などの生命や身体に著しい危害が生じる恐れがある区域のこと。 杉並区土砂災害ハザードマップ• 土砂災害警戒区域等 令和元年9月26日、東京都は、土砂災害防止法に基づく土砂災害警戒区域等指定にかかる基礎調査結果を踏まえ、区内41か所に土砂災害警戒区域、うち30か所に土砂災害特別警戒区域を指定しました。 千代田区土砂災害ハザードマップ 土砂災害ハザードマップは、各出張所と区役所本庁舎(2階区政情報コーナー、4階災害対策・危機管理課)で配布しています。 全体索引図 次の索引図を参考にして、調べたい地域のハザードマップ番号をご確認ください。

もっと